カテゴリー「住まい・インテリア」の38件の記事

2008年11月17日 (月)

■住まいの耐震博覧会

主婦(夫)仲間の皆さんhappy01こんにちはhappy01

建築家★兼業主夫@筑豊/福岡ですhappy01

   

11/15(土),16(日)の2日間

福岡Yahoo!JAPANドームで開催された

「住まいの耐震博覧会」に参加してきましたhappy01 

R0012631

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鹿児島、宮崎、熊本、大分、長崎、佐賀、福岡と全九州より
多くの工務店さんが、バスをチャーターして見込客の方々を連れてきている姿を
目の当たりにし、昨今の建築不況のなか、「皆、必死に努力している」という
事を感じましたhappy01

R0012632

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建築家★兼業主夫の私は、オープンシステム仲間の

みね建築工房さんのブースをお手伝いさせていただきましたhappy01

R0012629

 

ズバリ「家づくりの可能性を広げるCM方式」を掲げ
少しはオープンシステムのアピールが出来たかなhappy01と思います。

Banner_iehito_06b200  

           

日本で唯一! CM分離発注方式の家づくり雑誌『イエヒト 

   

   

   

2008年5月 3日 (土)

■借景:麦秋の頃(建て主OB宅訪問)

主婦(夫)仲間の皆さん!こんにちわ!

建築家★兼業主夫@筑豊/福岡です!

 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←応援 ありがとうございます!(ココをクリック)

 

建て主OBのSTさんの「すまい」を訪問しました。

STさんの「すまい」は谷あいの田園地帯の中にあります。

設計時、敷地を訪れたとき、

「田んぼがナカナカきれいヤネ(筑豊弁)」と感じたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麦秋の頃、ファミリースペースから続くデッキからの眺めも

ナカナカのものでした。

R0011021_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-------STさんの奥様 いわく-------

毎朝、シャッターを開けると

さわやかな風と共に、

鮮やかな緑が目に飛び込んできて

とても気持ちがいいですヨ~happy01

-------ここまで-------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

設計時に意識した、借景(敷地周辺の風景を、

庭を形成する背景として取り入れたもの)が

功を奏し、建て主御一家と共に思わずhappy01のひと時でした。 

 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←応援 よろしくお願いします!(ココをクリック)

 

建築家★兼業主夫の設計事務所(ココをクリック)

 

Iehito_banner_4 家づくりの選択肢を提案する    情報誌「イエヒト」

  

2008年4月24日 (木)

■家づくりの可能性を広げるCM方式

主婦(夫)仲間の皆さん!こんにちわ!

建築家★兼業主夫@筑豊/福岡です!

 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←応援 ありがとうございます!(ココをクリック)

 

家づくりの情報誌「イエヒト」の最新号が発売になりました。

Iehito_004b_001 

 

-----「イエヒト」巻頭の言葉より-----

 

「家づくりの可能性を広げるCM方式」

CMとは、「コンストラクション・マネジメント」のこと。

コマーシャルでもなければ、建築の工法のことでも

ありません。

 

建築の専門家(CMr)が、建て主の代理人として、

コストや品質やスケジュールを管理して建築物をつくる方式

のことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9・11で有名になった、

あのワールド・トレード・センターも、

CM方式で建築しました。

 

とても大きな建物だったので、工事を100以上の専門業者に

分割して発注し、工期の短縮と工事費の低減に大きな効果を

発揮しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

価格が不透明、品質管理が心配、という建て主の要望に応え、

全国各地の設計事務所が中心となって始まりました。

 

CM方式は、「家づくり」でも大きな効果を発揮できると

注目されつつあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『イエヒト』は、CM方式でつくられた建物を紹介し、

解説する雑誌です。

 

-------ここまで-------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「家づくり」をお考えの方、

「家づくり」でお悩みの方、

「家づくり」に不安をお持ちの方、

「イエヒト」には

解決への数々の「ヒント」が掲載されています。

是非、ご一読をhappy01

 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←応援 よろしくお願いします!(ココをクリック)

 

建築家★兼業主夫の設計事務所(ココをクリック)

 

Iehito_banner_4 家づくりの選択肢を提案する    情報誌「イエヒト」

  

 

 

2008年4月14日 (月)

■チャレンジ★携帯からの投稿vol.2

■チャレンジ★携帯からの投稿vol.2

主婦(夫)仲間の皆さん(^-^)/こんにちわ(^-^)/

建築家★兼業主夫@筑豊/福岡です(^-^)/

ブログランキング 応援ありがとうございます (^-^)/(ココをクリック)

携帯からの写真UPにもチャレンジしてみました(^-^;)

写真はNKさんの「すまい」で使用した
羊毛断熱材です(^-^)/

NKさんの「すまい」は見えないところまで

ナチュラル(自然素材)に徹しています(^-^)/

ブログランキング 応援よろしくお願いします(^-^)/(ココをクリック)

2008年4月11日 (金)

■ナカナカいい感じ(建て主OB宅訪問)

主婦(夫)仲間の皆さん!こんにちわ!

建築家★兼業主夫@筑豊/福岡です!

 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←応援 ありがとうございます!(ココをクリック)

 

先日、NKさんの「すまい」(建て主OB)にお邪魔しました。 

NKさんの御家族は、設計時から

「ナチュラルな雰囲気」をコンセプトのひとつに

家づくりをされてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

訪問させていただくたびに、ナチュラルテイストの

しゃれた「インテリア小物」を目にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

R0010855_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

R0010853

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

R0010854

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

R0010857

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

R0010859

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インテリア小物達によって、

「ナチュラルな雰囲気」が、さらに高められているな~、

と感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引渡しのあと、建て主御一家が

望まれたとおりの暮らしをされていることに

建築家としての「やりがい」

感じさせていただいたひと時でした。

 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←応援 よろしくお願いします!(ココをクリック)

 

建築家★兼業主夫の設計事務所(ココをクリック)

 

Iehito_banner_4 家づくりの選択肢を提案する    情報誌「イエヒト」

  

 

2008年3月23日 (日)

■いるか、いらンか 悩むモン(悩むもの)

主婦(夫)仲間の皆さん!こんにちわ!

建築家★兼業主夫@筑豊/福岡です!

 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←応援 ありがとうございます!(ココをクリック)

 

我が家の引越し前の荷物整理のとき

①絶対にいるもの
②いるか、いらないか 悩むもの
③いらないもの

の3種類に分類後

最後まで残った問題は
②いるか、いらないか 悩むもの 
をどうするかでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家の場合は、②をさらに

①ワンシーズン(一年間)を通して

一度も使ってないものは、

「いらないもの」として処分する。

②「子供たちの思い出の品」等は、

デジカメに収め、

思い出は残したうえで処分する

とのルールを決めて分類しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果
②いるか、いらないか 悩むもの  の大部分も
思い切って処分することができましたhappy01

 
引越しの時に限らず、片付けでお悩みの場合は

まずは分類することをお勧めしますsign01

 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←応援 よろしくお願いします!(ココをクリック)

 

建築家★兼業主夫の設計事務所(ココをクリック)

 

Iehito_banner_4 家づくりの選択肢を提案する    情報誌「イエヒト」

 

 

2008年3月21日 (金)

■なかなか片付かんチャネ(時々筑豊弁)

主婦(夫)仲間の皆さん!こんにちわ!

建築家★兼業主夫@筑豊/福岡です!

 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←応援 ありがとうございます!(ココをクリック)

 

卒業のシーズンも終わり、進学・就職の新出発や

転勤・新居の完成などで、

引越しの準備をされる方も多いことと思います。

 

6年前に、現在の「我が家」への引越し時の話

 

---お花大好き◆兼業主婦happy01 いわく(筑豊弁)---

テレビで、「片付けのコツ」ッチいう

放送がありよったバイ!

-------ここまで-------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-------建築家★兼業主夫despairいわく-------

フ~~ン

-------ここまで-------

 

---お花大好き◆兼業主婦happy01続けていわく(筑豊弁)---

家にアルもん(ある物)を

①絶対にいるもの
②いるか、いらないか 悩むもの
③いらないもの
の3っつに分類するといいッチ、イイよったバイsign01

ウチも、そうショウやsign03

-------ここまで-------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・ところが・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族によって、「思い出の品」への価値観が違うので、

「①絶対にいるもの」をめぐっての

バトルを展開するはめになった。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中学生の時から、「ビートルズ」好きの

建築家★兼業主夫の私は

「イギリス・オリジナル」の「ビートルズ」のLPを

全て買い揃えている。

また、大学生時代に「浜省」にほれ込み

初期のアルバム(LP)も、いっぱい買い込でいる。

 

---お花大好き◆兼業主婦poutいわく(筑豊弁)---

おんなじCDをモッちょ~し、

レコードプレーヤもないんヤキ

ビートルズやら浜省のLPは

処分せなバイsign01

-------ここまで-------

 

---建築家★兼業主夫weepいわく(筑豊弁)---

それだけは

勘弁シチョクレ(してください)weep

-------ここまで-------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな、やりとりを繰り返し

①絶対にいるもの
②いるか、いらないか 悩むもの
③いらないもの

の、三種類に、

やっとの思いで分類完了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし 

分類後、さらに残った問題は

「②いるか、いらないか 悩むもの」

をどうするかでした。

 

-------次回に続く-------

 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←応援 よろしくお願いします!(ココをクリック)

 

建築家★兼業主夫の設計事務所(ココをクリック)

 

Iehito_banner_4 家づくりの選択肢を提案する    情報誌「イエヒト」

 

2008年3月12日 (水)

■何のため?

主婦(夫)仲間の皆さん!こんにちわ!

建築家★兼業主夫@筑豊/福岡です!

 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←応援 ありがとうございます!(ココをクリック)

 

「オープンシステム」による家づくりに「奮闘中」の

「こたちゃん」のブログに、

興味深い記述があったので引用させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-------こたちゃん いわく-------

住宅ローンを組むにあたり、

FPに相談するのは、基本ですが、問題も。

FP専門で商売されている方は、希少です。

保険のセールスがFPだった、などと、

本業のツールとしてのFP資格、という場合が多い。

FPに相談したら、なぜか手厚い生命保険を勧められた、

なんて。笑えません。

私が2回目に見ていただいた方、本業は保険屋ですし、

○□林業の営業さんとも、深い付き合いなようでした。

こういうケースの場合、家を売るための生活設計

になりかねません。

はたして本当に信じていいかは、疑問です。

-------ここまで-------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「こたちゃん」の記述は、設計者も含め、家づくりに携わる全ての者にとって心すべきことだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来、建て主御家族が、幸福な生活を営むための道具のひとつであるはずの家づくりが、何のため?を見失い、将来に生活の破綻の恐れのある、無理な資金計画や、家を売るための生活設計により進められたのでは、まさに本末転倒であると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸いにも、建築家★兼業主夫の私は、FP業務を専業とする、鶴数元(ツルカズモト)氏と出会うことができ、 建て主の心強いパートナーのひとりとして、頑張っていただいていることに感謝!

3年前始めて鶴数元氏とであったとき、問いかけられた言葉が思いおこされる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-------鶴数元氏 いわく-------

建築家★兼業主夫さん、ひとつお伺いいたします。

私が、生活設計をシミュレートした結果、「家づくりを行うことが、生活の破綻につながる」との結論が出たときは、家づくりにストップをかけることもありますが、それでもいいですか?

-------ここまで-------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-------建築家★兼業主 答えていわく-------

もちろんです!!

そのために、鶴さんにお会いしにきました!

-------ここまで-------

今後も、何のため?を忘れず、建築家としての業務にあたっていきたい。

 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←応援 よろしくお願いします!(ココをクリック)

 

建築家★兼業主夫の設計事務所(ココをクリック)

 

Iehito_banner_4 家づくりの選択肢を提案する    情報誌「イエヒト」

 

2008年3月10日 (月)

■暗い部屋はイヤダ!

主婦(夫)仲間の皆さん!こんにちわ!

建築家★兼業主夫@筑豊/福岡です!

 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←応援 ありがとうございます!(ココをクリック)

 

建築家★兼業主夫が設計作業をする中で、「建て主」と「御家族」に書いていただく「希望・要望なんでも記入メモ」を拝見すると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「明るい部屋がイイ!」 とのご要望を

目にすることが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「分離発注」で施工した、建築家★兼業主夫の自宅の設計時にも、兼業主婦(夫)仲間の「お花大好き◆専業主婦」から

「とにかく明るい部屋がイイ!」との要望を受けマシタ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、通常の窓の他に、壁の上部に採光窓を設置することにした。

R0010747_2 

トップサイドライトを設置するだけでも、けっこう室内が明るくなりマス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、「間取り」や「屋根の形」によっては、トップサイドライトを設けられない場合がありますヨネ・・・・・・・

そうした場合は「天窓」を設け、室内に自然光を取り入れる工夫をしマス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建築家★兼業主夫@筑豊/福岡の自宅では、「スカイライトチューブ」(ココをクリック!)という「太陽光照明」を設置しまシタ。

R0010741

「スカイライトチューブ」は通常の「天窓」と違い、太陽の光が「金属チューブ」内を乱反射しながら「ふりそそぐ」ため、直射日光とは別の、とても「やわらかい光」となります。

R0010743

上の写真のように、室内を締め切った状態でも、「やわらかな日差し」が降り注ぎマス・・・・・・・

また、長さ3.2mの金属チューブがありますので、

なんと!「2階建」の「1階部分」まで、

直接「自然光」を取り入れることのできる

なかなかの「優れもの」です・・・・・・・

 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←応援 よろしくお願いします!(ココをクリック)

 

建築家★兼業主夫の設計事務所(ココをクリック)

 

Iehito_banner_4 家づくりの選択肢を提案する    情報誌「イエヒト」

 

2008年3月 5日 (水)

■続・結露しちょらんバイ!(時々筑豊弁)

主婦(夫)仲間の皆さん!こんばんは!

建築家★兼業主夫@筑豊/福岡です!

 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←応援 ありがとうございます!(ココをクリック)

 

建築家★兼業主夫は、@niftyの「ココログ」を利用しています。

「ココログ」には、どんな「検索ワード」で当ブログにお越しいただいているかを知ることができる、「アクセス解析」の機能があります。

この冬は、寒い時期が長かった事もあってか、「結露対策」との「検索ワード」からお越しいただいている方が多い事に気づきました。

そこで、今回は「我が家」での結露対策のひとつを紹介させていただきたいと思います。

以前、■結露しちょらんバイ!(時々筑豊弁)という記事で、現在「ピアノ少女3号」(中2)が利用している北東側のスペースでの結露対策の話をさせていただきました。

今回は、「お花大好き◆兼業主婦」が就寝スペースとして利用している「和室」での話です。

結露対策のなるほどブログ、kumiさんが発信する

「カビ・結露はもう怖くない!!・・・はず。」(ココをクリック!) を読んで、身近な結露対策に目覚めた、ある夜の事・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-------建築家★兼業主夫 いわく(筑豊弁)-------

和室も結露がひどいキ(ので)換気したほうがいいと思うバイ!

-------ここまで-------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

220221

 

いつもは扉を閉め切ったまま(左写真)就寝しているところを、扉を開けて(右写真)、風の通り道をつくってみました。と共に、和室の隣にあるトイレの換気扇を回したままで、就寝してみることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

R0010717 ・・・・・・・・その結果・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎朝、水滴だらけの窓が

翌朝起きてみると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・どこかで聞いたことのあるフレーズ・・・

・・・・・・・・なんということでしょう!・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

R0010690  結露しちょらんバイ!

 

 

 

 

R0010719 おかげで、この朝、 建築家★兼業主夫の 担当家事のひとつである、 「窓枠ふき」から開放されました!

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←応援 よろしくお願いします!(ココをクリック)

 

建築家★兼業主夫の設計事務所(ココをクリック)

 

Iehito_banner_4 家づくりの選択肢を提案する    情報誌「イエヒト」

 

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

無料ブログはココログ